Or Bareket

オル・バレケット

Artist Profile

エルサレムで生まれ、アルゼンチンのブエノスアイレスとイスラエルのテルアビブで育つ。現在はNY のジャズシーンで、最も多芸なベーシストの一人として注目を浴びている。2011 年にInternational Society of Bassists' jazz competition で優勝。彼の生い立ちの多様さが、そのスタイルを際立たせている。特に即興へのアプローチは、地中海、南米、北アフリカの民族芸能などの要素を帯び、それらすべてはアメリカンジャズの伝統への深い敬意と知識をもって解釈されている。NYに拠点を移してからは、Jean-Michel Pilc, サム・ヤヘル, スリー・コーエンズ( アヴィシャイ、アナット、ユヴァル), ビリー・ハート, ビクター・ルイス, ドン・フリードマン、アリ・ホーニグ、アーロン・ゴールドバーグ、 ジブ・ラヴィッツ、 ギラッド・ヘクセルマン、エリ・デジブリ、 シャイ・マエストロ、 シリル・エイミー、 ヨタム・シルバーステイン等、 世界中の幅広いアーティスト達のレコーディングやツアーに参加している。2017 年、に初リーダーアルバム「OB1」がFresh Sound New Tlent のレコードでリリースされた。


2022年、3枚目のアルバム『Sahar』を発表。ジョエル・ロス(Joel Ross)がプロデュース。テナーサックスやEWI、オルガンを担当するモーガン・ゲリン(Morgan Guerin)、ピアニストのジェレミー・コレン(Jeremy Corren)、女性ドラマーのサヴァンナ・ハリス(Savannah Harris)といったニューヨーク・ジャズ新世代の精鋭が集っており、イスラエルとNYというシーンの最先端を跨ぐ音作りが魅力的な内容となっている。